「無線LANが切れやすい」とお困りでは? その1


いホールでアクセスポイントからの距離が問題ということもあるでしょう。また、建物の構造上の問題でアクセスポイントからの電波が届きにくいエリアが出来てしまっているのかもしれません。そのようなケースでは、複数のアクセスポイントを設置して電波の「死角」を無くすことが主要な対策となります。そこで複数のアクセスポイントを併用する場合に使う「無線LANローミング」とよばれる切り替え機能が非常に重要になってきます。ひとつのアクセスポイントからの電波が弱くなったり切れたりした場合に、別なアクセスポイントに切り替える機能です。ローミング機能無しでもアクセスポイントの切り替えができると思われるかもしれませんが、端末にとっては最初のアクセスポイントと、次につながったアクセスポイントは別なネットワーク接続になってしまいます。そのため、一端通信が途切れて再開に時間がかかってしまったり、しかかっていた処理がやり直しになってしまったりすることがあります。これに対処する機能が「ローミング」なのです。この機能はアンドロイドの標準機能ではありません。当然、端末によってはサポートの無いものもありますし、ローミングといっても使用する端末メーカー毎に性能は異なります。WideFly社の



シームレスローミング




は、端末は複数のアクセスポイントを切り替えて通信しますが、一つのネットワーク上で素早く切り替えを行います。頻繁に移動して、アクセスポイントの切り替えが度々起こるような状況下でも、切り替え時にもたもたせず、すばやく業務を行うことができるようになります。



  詳しくは、こちらまで   support.jp@widefly.com

「無線LANが切れやすい」とお困りでは? その1


いホールでアクセスポイントからの距離が問題ということもあるでしょう。また、建物の構造上の問題でアクセスポイントからの電波が届きにくいエリアが出来てしまっているのかもしれません。そのようなケースでは、複数のアクセスポイントを設置して電波の「死角」を無くすことが主要な対策となります。そこで複数のアクセスポイントを併用する場合に使う「無線LANローミング」とよばれる切り替え機能が非常に重要になってきます。ひとつのアクセスポイントからの電波が弱くなったり切れたりした場合に、別なアクセスポイントに切り替える機能です。ローミング機能無しでもアクセスポイントの切り替えができると思われるかもしれませんが、端末にとっては最初のアクセスポイントと、次につながったアクセスポイントは別なネットワーク接続になってしまいます。そのため、一端通信が途切れて再開に時間がかかってしまったり、しかかっていた処理がやり直しになってしまったりすることがあります。これに対処する機能が「ローミング」なのです。この機能はアンドロイドの標準機能ではありません。当然、端末によってはサポートの無いものもありますし、ローミングといっても使用する端末メーカー毎に性能は異なります。WideFly社の



シームレスローミング




は、端末は複数のアクセスポイントを切り替えて通信しますが、一つのネットワーク上で素早く切り替えを行います。頻繁に移動して、アクセスポイントの切り替えが度々起こるような状況下でも、切り替え時にもたもたせず、すばやく業務を行うことができるようになります。



  詳しくは、こちらまで   support.jp@widefly.com



ホーム|製品|ソリューション|サポート|パートナー|リンク|会社紹介
Copyright 2014-2018 by WideFly Japan Ltd. Terms Of Use Privacy Statement